便秘の種類は主に3つ、直腸性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘

特に女性に多い便秘は、腹部の膨満感やぽっこりお腹の原因となるばかりか、肌荒れや代謝の低下を招くとても厄介な存在です。

 

一口に便秘と言ってもいくつか種類があり、原因も解決策も変わって来ますので、原因を特定し、効果的に便秘対策を行いましょう。

 

便秘にはどんな種類があるの?

 

便秘の種類は主に3つ、直腸性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘に分けられます。

 

直調整便秘とは

 

便意を感じても我慢してしまう事が多い方、寝たきりの方や高齢者に多いタイプです。
便が肛門付近まで到達しているのに、体が排便反射をおこしにくくなっているため、便秘になっている状態です。
例え便意がなくても、毎日決まった時間にトイレに入る習慣をつけ、便意を感じた時には我慢をしないようにしましょう。

 

弛緩性便秘とは

 

文字通り腸がたるんでいて、腸内の蠕動運動が弱まり、腸内を便がスムーズに流れなくなっているため、便秘になっている状態です。
腸内に長時間とどまった便からは水分が失われ、ますます動きが悪くなってしまうため、かなり頑固な便秘症状を起こします。
原因は食物繊維量の不足、水分の不足、筋肉量の不足、運動不足などが挙げられます。
筋力が弱く、食事量が少なく、むくみを気にして水分を控えていると起こりやすいタイプなので、飲食はしっかりと行い、姿勢を正して歩くなど、下腹部の筋肉強化を心掛けましょう。

 

けいれん性便秘とは

 

ストレスや激しく興奮したときに、交感神経の影響を受けた腸が緊張してしまい、けいれんしたかのように腸が締め付けられてしまった結果、腸内を便がうまく通り抜けられずに、コロコロとしたウサギのフンのような状態になってしまうタイプの便秘です。
市販の便秘薬を使用すると、症状を悪化させてしまったり、慢性化させる原因となりますので、むやみに便秘薬に頼る事は止めましょう。
また、不溶性食物繊維やカフェインの摂取も控えましょう。
まずはストレスの軽減を意識して腸の緊張をほぐし、水溶性食物繊維やオリゴ糖などを摂取して、便に水分を与え、スムーズな排便が行われるようにしましょう。

 

便秘にならないためには

 

腸内環境が乱れていると便秘になりやすくなるため、砂糖や油を控えた食事と軽い運動を心掛け、食物繊維・ビフィズス菌・オリゴ糖を摂取して善玉菌を増やしましょう。

 

水分不足は便を硬くしてしまうため、常温か温かい飲み物を小まめに口にし、水分補給をしっかりと行うようにしましょう。

 

運動不足は腸の働きも低下させてしまいますし、便を押し出すための腹筋も衰えてしまいがちですので、日ごろから姿勢を正して腹筋の衰えを防ぎ、軽い運動で腸を刺激し、腸の働きを良くするように心がけましょう。
カイテキオリゴの口コミや体験談まとめ