オリゴ糖は善玉菌を増やし便秘を解消することができる

我が家には、白砂糖がありません!

 

なぜならば、代わりにオリゴ糖を使っているからです。
それこそ使うまでは、どんなに勧められても『ハイハイ』と聞き流していたのですが、使ってみたらすっかり夢中になってしまいました。

 

砂糖とオリゴ糖の違いって?

 

我が家が使ってるのは『甜菜』という野菜の蜜で作られてるオリゴ糖です。妊娠中に妊娠糖尿病になったのをきっかけに使い始めました。
病院からの食事制限で、塩分と糖分に気を使うようになり、その時勧められたのがオリゴ糖でした。

 

オリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分と言われています。また、味はオリゴ糖の方がさっぱりしています。慣れるまでは、物足りなく感じるかもしれません。だからといって、たくさん使うと、糖分の摂りすぎになってしまうので、注意が必要です。

 

オリゴ糖は虫歯になりにくいそうです。妊娠中はつわりなどで、歯磨きがツラい日がありました。また、出産後も歯磨きする体力もない日などがありました。そんな時は、マウスウォッシュで誤魔化すこともあったのですが、おかげさまで虫歯はできませんでした。後から知ったことなのですが、オリゴ糖には虫歯菌のエサになる成分が少ないんだそうです。これが砂糖となると、私の歯は穴だらけになっていたと思われます。

 

オリゴ糖は便秘の強い味方です。!

 

昔からスゴい便秘症だったのですが、オリゴ糖を摂るようになってからは、かなり快腸になりました。

 

以前から、便秘には糖分が良いと聞いたことがありました。便秘の赤ちゃんに砂糖水を飲ませると良いなんて話を聞いたことはありませんか?これは、間違ってはいないのですが、効果が薄くなってしまうようです。というのも、大腸にいる善玉菌のエサとなる糖分ですが、砂糖やブドウ糖は胃や小腸で吸収されてしまうことがほとんどです。そのため、大腸にいる善玉菌までエサが届かないのです。これでは、善玉菌は増えることができませんよね。しかし、オリゴ糖は大腸まで届くのです。ですから結果、善玉菌を増やし便秘を解消することができるのです。

 

ただ、欲張って摂取しすぎると下痢してしまいますよ!良いこといっぱいのオリゴ糖。是非お試しください。