体重を1キロ苦労せずに減らす方法

薄着の季節になると、体重が気になりますね。あと3キロ、いや1キロでも減らせれば、と思うものですが、少しの体重ならそう苦労することなく減らすことができます。

 

毎日、体重計に乗る

 

体重を10キロ減らすのは至難の業ですが、1キロなら便秘が治っただけでも達成できそうな重さです。要は、体が重くなり過ぎないうちに手を打とうということです。体重は知らないうちに増えていきます。毎日計って、「少し重いかな」程度のときに行動を起こせば、それほど苦労しなくて済みます。

 

体を動かす

 

運動嫌いの人には申し訳ないのですが、運動は必須です。寝ているより座ったほうが、座っているより立ったほうがカロリーの消費は高くなります。

 

しかし、運動しないといけないからと言って、ジムに通ったり、フルマラソンを走ったりする必要はありません(好きなら別です。思う存分、運動してください)。バス停一個分を歩くとか、駅のエスカレーターを使わず階段を使うなどのレベルで結構です。

 

普段より少し余計に動く、というのがポイントです。おすすめは家の中の拭き掃除です。隅々まで拭く必要はなく、終わったあと少し疲れたなと感じる程度で大丈夫です。

 

食事に気を付ける

 

まずは間食をやめましょう。どうしても我慢できないときはキュートミーやコーヒーや紅茶などの温かい飲み物にしましょう。

 

そして食事は、炭水化物を減らしましょう。気を付けてほしいのは、減らすだけで完全に止めないということです。炭水化物をまったく食べないでいるとお腹が減ります。空腹に耐えかねて間食したり、食べ過ぎてしまいます。

 

食べる順番は野菜、汁物、たんぱく質のおかず、最後にご飯で量を調整するという感じにするといいかと思います。しかし毎日の生活で、どうしても炭水化物のものを食べてしまった、食べざるを得なかったということも起こるかと思います。

 

そのときは、あまり自己嫌悪に陥ったりしないことです。そのために毎日体重を量っているのですから、今日食べた分はすぐに取り戻せる、くらいの気持ちを持っていないと続きません。

 

まとめ

 

大事なことは、毎日の生活の中で体重を減らす要素を取り入れることです。最初は意識しないとできないことでも、習慣になってしまえばそれが当たり前の生活になります。

 

「体重を増やさない生活」を始めましょう。